YANAGISAWA T-50/T-500/テナーサックス

種類:テナーサックス
メーカー:YANAGISAWA
型番:T-50/T-500
買取相場:98,700円
T-50はYANAGISAWAのスタンダードモデルで、1970~80年代を中心に販売されていました。管体はブラス製で、初心者向けとして開発・設計されました。現在のYANAGISAWAの特徴である素材の多様性が発揮される前のものであり、様々な意味で過渡期に製作されていたモデルとなります。

YANAGISAWAのサクスフォン製造の歴史は1954年のテナーサックスT-3から始まります。当初は海外、特にアメリカのオールド・サックスを一つの理想として製作していましたが、1980年に発表されたエリモナモデルから独自色が現れてきます。

T-50はエリモナ以前の、現在のスタイルが確立する前の製品ですが、当時のYANAGISAWAらしさを持つ楽器でもあります。太さと豊かさの中に少し掠れた余韻を含む音色が美しい一本です。

なお、同社のサクスフォンは、日本国内ではプリマ楽器と全音楽譜出版によって販売されていますが、1990年代まで、プリマ楽器では2桁、全音では3桁の品番を用いていました。このため、T-50はプリマ楽器の、T-500は全音の品番であり、この二つは同一モデルです。

中古市場でも人気が高い品番です。また、よく吹き込まれた楽器は程良く音の抜けがあるため、中古ならではの魅力として、高く評価される可能性があります。

サックス買取相場一覧へ戻る