SELMER Mark Ⅵ/アルトサックス

種類:アルトサックス
メーカー:SELMER
型番:Mark Ⅵ
買取相場:400,000円
1954〜74年に製造された「Mark Ⅵ」は、セルマー社を世界的なサックスメーカーに押し上げたとされるモデルです。また、同社のアルト及びテナーサックスのメカニズムは、Mark Ⅵにおいて完成形に達したとされています。

Mark Ⅵの製造は長期にわたり、その間何度かマイナーチェンジが行われました。このため製造時期によって異なる特徴があります。製造時期確認の際にポイントとなるのが、一本一本に刻印されているシリアルナンバーです。中でもシリアルナンバー5万~20万番台は、パリで製造された部品をアメリカで組み立てたモデルで、日本では特に「アメリカン・セルマー」、もしくは「アメセル」という略称で知られています。

「アメセル」は、使用されている部品や基本設計はフランスのセルマー・パリで製造されたものと同一ですが、組み立てや塗装のアプローチが異なります。ジャズやポップスを演奏するのに最適な楽器造りを目指したとされており、実用性と音抜けの良さ、色気のある音色などが高く評価されています。

ちなみに、フランスからアメリカにわざわざ部品を輸出して組み立てたのは、関税対策が目的でした。1950年代に始まった「アメセル」の製造はしかし、その後のセルマー本社の経営難によりアメリカ工場の閉鎖とともに終了しました。楽器への高い評価と希少性も相俟って、「アメセル」の中古市場における取引価格は、他のモデルとは倍近くの価格差があります。

50年以上前のモデルですが、「アメセル」をはじめとしたMark Ⅵは中古楽器市場で高い人気を誇ります。サックスは、使い込むことで音程の調整が進み、音に深みが増す楽器です。このため、最適な状態でバランスよく吹き込まれたものは、単なる中古品以上の魅力があるのです。そして優れた中古品はヴィンテージ品となります。Mark Ⅵは「ヴィンテージサックス」の代名詞と言われるサックスなのです。

サックス買取相場一覧へ戻る